So-net無料ブログ作成
検索選択

台北一人旅☆1月3日・九份 [台北]

ネコの村で2時間ほどまったりしたあとお隣の瑞芳(ルイファー)駅までひとつ戻り、そこからバスに乗って九份へ。
ここはもう台北観光ならお決まりのコースとなってきている場所です。

バスで山の中をグネグネ15分ほど。
前方に次の駅名が出るのでわかりやすいです。
最初に九份と書かれたバス停より次のバス停の方が坂の上から下る形になるのでそちらで下車しました。

細いアーケードになった商店が並ぶ道に観光客が吸い寄せられるように入っていきます。
20140103_23.jpg
細い道にすごい人がいっぱいいます。
お休みの日の京都みたいだなぁ。

曲がりくねった坂道に立ち並ぶお店、ほとんどが観光客相手のお店ですね。
なんか日本でのイメージだとこの先に神社とかお寺とかがあって、その行く道におみやげ屋さんが並んでいるような・・そんな雰囲気なのですが、実は最後まで行っても特にお寺があるわけでもなく(^^;
20140103_25.jpg
ずっとおみやげ屋さんが続く道だけ。

20140103_24.jpg
道は十字に広がっていて、この道を下ると有名な
20140103_26.jpg
「千と千尋の神隠し」に登場する湯ばぁばの家のモデルとなった場所とか
20140103_27.jpg
台湾の映画「非情城市」の撮影場所とかがあります。

ごっちゃとした場所に赤のコントラストがなんとも不思議な町で、確かに「千と千尋」でお父さんお母さんが豚になって何かガツガツ食べていたあの雰囲気は漂ってますね。
ただ、私はもっと広い場所だとばっかり思っていたので想像以上にあっという間に回れてしまいました。
多分ゆっくり歩いても1時間もかからないくらい小さい町です。

実は夕暮れ時を狙って3時頃に着くように行ったのですが、目測を謝りました( ̄▽ ̄;
4時になっても全然明るいです(当たり前)

仕方ないので全然観光地じゃない場所をウロウロしてみることに。
20140103_28.jpg
お庭がすっごく緑が生い茂っていて素敵なおうちがあったので思わず1枚。
20140103_29.jpg
でもよそのおうちなので、ちょっと遠慮がち(^^;

ぐるっと歩いていると、小さな公園があって、そこからの眺めがとてもキレイだったので、ベンチでしばらく休憩。
20140103_30.jpg
30分ほど粘ってみたけど、なかなか日は暮れません~(。-_-。)
20140103_31.jpg
少し薄暗くなってきたかな・・程度ですが、今回はこの程度でガマンしときましょ。
20140103_34.jpg
20140103_32.jpg
20140103_33.jpg
また次回リベンジしたいですね~。
冬なら5時すぎに着くくらいで行くといいかなぁ。
もっと提灯が赤々と輝いているのが見たいです~。

帰りのバスは座れなくて山道を踏ん張って立って戻り、電車も1時間座れなくて足が棒・・(´;ω;`)
台北まで戻ってきても晩御飯に行く元気もなく、ホテルの近所のモスバーガーでモスライスバーガーセットを買ってお部屋で食べました。

まだ続きます(*^_^*)
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 4

simarisu

「千と千尋・・・」の風景みたいと思って見てたらやっぱりそうなんですね。
最初のほうはたしかに観光地のお土産街って雰囲気ですね。
提灯が点灯すると余計にあの幻想的な場面が蘇ってきますよね。
映画やドラマの中に出てくる場所を訪ねる旅も素敵だなあ。
by simarisu (2014-03-21 13:04) 

ロボパンダ

いつもながら1人でどこでも出かけちゃうNovleanさん
尊敬です!九份、いつかいってみたいと思ってた場所なん
ですが、やはり風情がありますね〜。ただ、今台湾が大変
な事になりかけてて、すごく心配です…(TT)

by ロボパンダ (2014-03-22 23:30) 

サキヲ

この頃流れる台湾のニュース、私も心配しています。
一人の海外をサラッと楽しむNovleanさん、素敵です♪
by サキヲ (2014-03-25 12:21) 

Novlean

simarisuさん
あのアニメのイメージだと全然人がいない感じでしたが、行った日はすっごい人で、すれ違うのも大変という感じでした。
誰もいなかったらあのアニメみたいに不思議な雰囲気なんだろうなぁ~と想像しながら歩いてました。

ロボパンダさん
どこでもということはないのですよ~。
これでも行きやすいところを選んで行っております(*^_^*)
何かちょっと台湾大変なことになってますよね。
出来ればこのまま変わって欲しくないと思いますね。

サキヲさん
あちこちできな臭い話が持ち上がっていて、何だか不穏な空気ですよね。
昔、香港が返還される前もなかなか情緒のある町だったのが、中国になってかなり街のイメージが変わりました。
できればこのままの台湾でいてほしいと思います。
by Novlean (2014-03-26 15:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。